読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shu Tanaka's Blog

田中 宗(TANAKA, Shu)の研究活動などをお伝えするブログです。量子アニーリング・統計力学・量子情報・物性科学の研究者です。※なお、発言は私自身の見解であり、所属組織の立場、戦略、意見を代表するものではありません。

2016年3月10日13:30~17:30、早稲田大学にてセミナーを開催いたします。

2016年3月10日13:30~17:30、早稲田大学西早稲田キャンパス[最寄り駅:副都心線西早稲田駅]にて、イジングモデル型情報処理 (CMOSアニーリング・コヒーレントイジングマシン)のセミナーを、同僚の山本大輔さんと共に開催いたします。ご興味あります方のご参加をお待ちしております。
またご興味ありそうな方への情報のシェアも、ぜひよろしくお願い致します。

f:id:shutanaka:20160224173420j:plain

講演概要など詳細につきましては
http://www.waseda.jp/wias/event/symposium/sym_160310.html
に掲載される予定です。
====
日時:2016年3月10日13:30~17:30
場所:早稲田大学西早稲田キャンパス63号館04会議室、05会議室

http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2014/10/nishi-waseda-campus-map.pdf


講演者:宇都宮聖子氏(国立情報学研究所)、山岡雅直氏(株式会社日立製作所

13:30-14:00 はじめに(田中宗)
14:00-15:00 コヒーレントイジングマシンに関するご講演(宇都宮聖子氏)
15:30-16:30 CMOSアニーリングに関するご講演
16:30-17:30 講演者を囲んでフリーディスカッション

主旨:
「膨大な選択肢からベストな選択肢を探す」という組合せ最適化問題は、広範な学術領域だけでなく、産業界においても極めて重要な問題です。一例として、シフト計画表の適切な作成や集積回路の適切なデザインが挙げられます。組合せ最適化問題は、単純なしらみつぶしの方法では解くことが困難なため、組合せ最適化問題を高効率かつ高精度に解くことができる計算技術の開発は重要な問題です。組合せ最適化問題は、イジングモデルと呼ばれる統計力学模型にマッピングすることが可能です。人工的なイジングモデルをハードウェア上に実装し、組合せ最適化問題を解く方法は、近年精力的に研究されています。最近よく話題になる、量子アニーリングハードウェアD-Waveはその一つです。
今回お招きしたお二人の研究者は、人工的なイジングモデルを生成し、組合せ最適化問題を解くデバイスを作製し、現在世界中から注目を集めております。議論のための時間も多く設けてあります。 組合せ最適化問題デバイスの最先端にご興味のある皆様の参加を歓迎いたします。

 

主催:早稲田大学高等研究所
世話人:田中宗、山本大輔
====